Home > ニュース & トピックス > 【Gold&Roses 新コレクション発表レセプション】10月30日 東京・スペイン大使館にて 開催


 
 

【Gold&Roses 新コレクション発表レセプション】10月30日  東京・スペイン大使館にて開催

 

 「日常で気兼ねなく使えるファインジュエリー」をコンセプトに、女性デザイナーが2014年にスペインマドリードでスタートしたジュエリーブランド、ゴールド&ローゼス。

スペインから創業デザイナーが2名が来日し、2017年10月30日にスペイン大使館にて新作発表レセプションが行われました。

2016年4月のアジア・日本上陸から1年半。よりモダンで先鋭的なデザインのファインジュエリーブランドとして、2017年、ゴールド&ローゼスは新たなステージへ向かいます。

The insoucience(何にも煩わされない)、Modular individuality(組み合わせによってうまれる独自性・個性)、Accessibiliy(使いやすさ)をクリエーションの新たなテーマとした、バラエティ豊かな大人のジュエリーをご紹介します。


また、2016年10月に東京・スペイン大使館にてコラボレーションを実現させた、モデルの道端アンジェリカ。2017年はエメラルドカットのスモーキークォーツを採用し、大人っぽく仕上げたラインエクステンションを発表。そして、自身が大好きな猫からインスピレーションを受けてデザインされた"MEOW(ミャオ)"コレクションを発表いたしました。

この日発表されたモデルはミャオコレクションは2月発売予定、ラインエクステンションは今夏発売予定です。

“ジュエリーは女性を輝かせてくれるものです。

今回私がプロデュースしたラインは、女性がより一層輝いてみえるような、女性らしい動きのあるも のをたくさん作りました。たくさんの女性に普段からジュエリーを身につけてほしい、そしてつけたとたん笑顔でハッピーな気持ちになって欲しい、そんな気持ちを込めています。

ジュエリーを身につけて、気持ちも華やかに、より一層輝いてほしいと思います。”



                                    道端アンジェリカ


 













 
 

 
PAGE TOP